ご葬儀の流れ

ご葬儀の流れ
ご連絡:
ご臨終を告げられたら、まず弊社へご連絡をお願いいたします。
お亡くなりになられた状況をお聞きし、適切なアドバイスをさせて頂きます。
お迎え:
寝台車にてご遺体をお迎えに伺い、ご指定場所へ搬送させていただきます。
ご遺体を安置させていただき、枕飾り等を用意させていただきます。
又、自宅にお帰りになれない場合は斎場、もしくは保棺室に安置いたします。
打合せ:
弊社担当者が御希望を伺い、葬儀日程・式の内容・各種手配をさせて頂きます。
【喪主の決定・式場の決定・宗教者への連絡・通夜・告別式の日程・火葬場等の申込み
写真の用意・会葬礼状・返礼品の決定・生花・料理などの手配・役割の分担・関係者への連絡】
ご予算に応じて、御納得いただける葬儀をとり行います。
お通夜:
式典・ご納棺・移管・お食事はもとより、式場・祭壇設営から式進行まで弊社スタッフにお任せください。
葬儀:
葬儀・告別式からお別れの儀・出棺まで弊社スタッフがご案内させていただきますので、ご安心下さい。
火葬:
火葬場へのご案内は弊社スタッフが同行いたします。火葬中は控え室でご収骨をお待ちいただきます。
火葬時間は1時間前後となります。
初七日:
最近は葬儀当日初七日法要をすることが多くなりました。
法要後、精進落としの席で皆様をおもてなしします。

上記の流れが基本ではございますが、現代の生活では難しい場合もあると思います。
お客様のご要望をお伺いさせて頂き、ご相談のうえで、葬儀の流れを決めていくことも可能です。

≫お問い合わせはコチラ

仏式(焼香)の作法

1. 霊前の祭壇の少し手前で僧侶と遺族に一礼します。
2. 祭壇の前で、両手に数珠をかけ一礼し合掌します。
3. 抹香を親指、人差し指、中指でつまみ、静かに香炉に落とします。
4. 焼香が終わったら再び合掌して一礼します。
5. 前向きのまま祭壇から下がって、僧侶、遺族に一礼して自席に戻ります。

神式(玉串奉奠)の作法

玉串は根元の方を右手、枝先の方を左手で受け取り、右に回し根を祭壇に向けて置きます。
このあと二礼二拍手一礼しますが、拍手はしのび手といって音を立てないようにします。

キリスト教式(献花)の作法

献花は花を右にして受け取り、 90度右に回し花を手前に、
茎を先に持ちかえて献花台の上に置き、一礼して終ります。

服装のマナー

通夜の弔問と言えども、喪服を着用するにこしたことはない。
しかしながら勤め先で訃報を受ける場合も多々有る事でしょう。
そのような時は普段着で、いっこうに差支えありません。
出来ればオフィスに ■数珠 ■腕章 ■黒ネクタイ の3点セット位は日頃から用意しておきましょう。
※通夜の時、地域によっては取りも直さず駆けつけたと言う意味合いでわざわざ平服で弔問に行く所も有るくらいです。
※女性の場合も同じですが、数珠以外の宝飾品は外して行きましょう。

香典袋の表書き

仏式: 御霊前 御香料 御香典 御供物料
神式 : 御玉串料 御榊料 御神饌料 御霊前
キリスト教式: 御花料 御ミサ料 御霊前  
※御仏前は、忌日(法要)の時の表書き

焼香について

よく御焼香は『何回するものなんだい』と聞かれることがありますが、1回でも2回でも3回でも良いのです。
御焼香の仕方が抹香を摘まむ指・拝し頂いての薫香・ただ薫じるだけと焼香の回数だけでなく形も宗派によって、
又地方によって、又僧侶によって説明・解釈が違うのです。
ですから自分の家の宗教の形で、御香を薫じれば良いのです。
参考
天台宗  3回 厳しいおしつけは無い
真言宗  1回
禅宗  1回+添え香=2回
浄土宗  1回
日蓮宗  3回
浄土真宗  1回 割合しっかりした形が有る
※心を込めて御焼香して下さい。
※お線香も1本~3本と意見が有りますが、上記と同じ解釈をします。

斎について

仏教で僧食の事を 斎(とき)と言います。
通夜の食事 俗に お清めと言ってますが、弔問に伺い御焼香を済ませた後、斎をすすめられます。
みなさん結構遠慮して召し上がらず、お帰りになりますが、 斎の準備がしてありましたら、少しでも箸をつけていくべきです。
通夜の斎も孟蘭盆経でも述べているのと同じように遺族は僧侶や弔問者に飲食を布施し、
涅槃(天国)に行く故人が餓鬼道に落ちないようにと思いでの飲食のしたくです。
僧侶は誦経し、有縁の人は香華を供えて通夜すなわち夜を通すのです。
ですから変な遠慮心でなく、斎を食することも故人を供養する事になるのです。 とは申せ礼節を失する事のないようにして下さい。

祭壇について

仏式飾り
仏式飾り
白木彫刻祭壇と白の幕が基本ですが、華美なものは避け、 古式にのっとっています。
祭壇の脇には生花を供えますが、 室内(式場)の広さにより、数量をお決めください。
生花は、白を基調とした清楚な感じがよく合います。
神式飾り

神式飾り

朽木模様の壁代(幕)に案(八足)祭壇が神式飾りの基本です。
当社では伝統的な要素を大切に、格調高く、古式豊かに調整しております。

キリスト教飾り

キリスト教飾り

祭壇と幕は黒、そして飾り花は白とするのが主流ですが、
近頃は写真のように白幕をあしらい、色花を使った飾りも見られます。
無宗教飾り

無宗教飾り

宗教にとらわれぬため、自由な発想の飾りができます。
花飾りが主流となりますが、最近はこのような形式で、仏式・キリスト教式の飾りとして使用する場合もあります。

その他

ご寝棺
桧製、樅製、桐製、布張製などがあります。
ご寝棺ご寝棺
霊柩車
洋型と宮型(白木、新型、指定、特別)
霊柩車霊柩車
火葬炉
3段階あります。(特別殯館、特別室、最上等)
火葬炉火葬炉
ご収骨容器
大理石、青磁、白磁、大理石分骨、白磁分骨
※各々桐箱、ふろしき、覆がついています。
ご収骨容器ご収骨容器
休憩所
大小各種あります。
休憩所
お葬式のことならなんでもご相談ください